image

いい部屋を選ぶ事!

1人暮らしをこれからはじめると言う人にとっては、様々な面で期待をしてしまうものです。 特に初めて親元を離れて暮らすというような人にとっては、それまでの生活とは異なり様々なことを自分でやらなくてはならなくなりますが、同時に格段に自由な時間が増えるようになるでしょう。 ですが充実した1人暮らしライフを送りたいというような場合であれば、それは不動産選びの段階から始まっているということを知っておかなくてはなりません。 では部屋を選ぶ際にはどういったポイントに注意をすれば良いのかというと、まず基本中の基本として「不動産屋の情報だけで決めてはいけない」ということに注意しなくてはなりません。 最近では不動産屋では不動産サイトなどを運営することが多くなっており、部屋の内覧写真を掲載されるようになりました。 そうした内覧写真を見ることで部屋のイメージをつかみやすくなったということは事実なのですが、実際に自分がその空間に立って見る風景と、写真で見る風景は全くの別物になります。 視点の高さが変われば室内の様子も違って見えるのですから、まずはさまざまな物件を、実際に立ち入ってチェックすることが必要になるのです。 次に押さえておかなくてはならないポイントとなるのが「物件の立地条件」についてです。 主にこうした物件選びにおいては「間取り」や「駅やバス停からの距離」といったような要素を気にする人が多いのですが、1人暮らしにおいては買い物や洗濯と言ったような家事も自身で行わなくてはなりません。 自動車があるというような場合であれば別ですが、自転車程度の乗り物しかないのであれば、自身の行動半径にある程度の商店が必要になるでしょう。 間取りと駅からの距離が希望通りでも、そこに焦点が一軒もないというようなことになると、体操不便な生活になってしまいます。 初めて1人暮らしをするというような場合には、1人暮らしを経験したことがある人に話を聞いてみたり、不動産屋の担当者に相談に乗ってもらうなどの工夫をするとよいでしょう。

部屋選びは基本中の基本!

親元から離れた一人暮らしには、楽しいといった希望を持っている人も多くいますよね。たしかに一人暮らしだと、門限も関係ないし部屋の中を好きなように使えます。これまで家族に遠慮している部分はあっただろうから
 ~ 続き