image

楽しいと思えるような暮らしかた

不動産としての賃貸物件での1人暮らし、楽しみですよね。一人なら自由気ままな生活ができます。何をしても怒られることはありませんので、やりたいことができるのです。そこで不動産としての賃貸物件で1人暮らしライフを楽しく過ごすコツをご紹介します。 まずは住みたい物件に住むことが何より大事です。駅までの距離や間取り、家賃など自分の住みたい物件に住むことです。ただその際に注意したいのが家賃です。不動産としての賃貸物件としていくら気に入って住みたい物件であっても家賃が高過ぎてはいけません。具体的には月収の3分の1までがいいようです。これを超えると生活が苦しくなる可能性があるので注意しましょう。家賃の折り合いが付いた気に入った物件に住んでから、楽しいと思えるような生活をすることです。 楽しいと思えるような暮らし方とは人それぞれですが、それをするにはまず部屋が片付いて清潔でないといけません。毎日掃除をして部屋をきれいにしておくことです。隅から隅まできれいにしろとはいいません。今日はここ、明日はあちらなどと徐々にやってくといいのです。一度で全てきれいにしようとするから中途半端になってしまうのです。ちょっとずつきれいにして1週間で部屋を一周きれいになればいいのです。また、ちょっと汚れたなと思ったらすぐに掃除できるように、小さなほうきやモップなどを手の届くところに置いておくのもいいでしょう。こうして片付いてきれいな部屋であることで、楽しいと思える生活が送れるのです。 また、風通しを良くするのもいいでしょう。1日に1回は部屋に風を通して、空気を入れ替えましょう。ただ雨や大風の時などはそれに適しません。そんな時は空気清浄機があると便利です。 不動産として賃貸物件で楽しい1人暮らしをするためには、その部屋で何をするのかももちろん重要ですが、その前に部屋を片付けることが重要なのです。きれいに掃除が行き届いて空気のよどみのない部屋が基本になるのです。

1人は寂しいでは楽しくならないよ

1人暮らしは楽しいと思うか、寂しいと思うかは、心持ちしだいでずいぶん違うのではないでしょうか。 確かに、親しい人もなく、土地勘もない初めてのところでの一人暮らしは寂しいし、楽しくないですが
 ~ 続き